運動
2018.04.06

【指や手・腕の欠損障害】縄跳びはどうする?みんなの体験談

image1

「縄跳びってどうやってやる?」
「やりやすい方法が知りたい」
「どうやってチャレンジすれば?」

先天性四肢欠損・障害があるお子さんをお持ちのお父さん・お母さんや、担任を務める保育士や幼稚園の先生からお問い合わせ頂くことが多い縄跳びの方法。

縄跳びこうやってやってるよ!僕の私のやり方まとめ

NPO法人Hand&Footが管理するSNSで日々交わされている情報交換を元に、縄跳びの工夫をまとめてみました!

右手裂手症(右手指2本欠損・短指)のお子さんのケース

最初は指になんとか挟んで持って飛んでいたのですが、「痛くて無理」とのことでアレンジ。

↓スポーツセンターで普通に売っているリストバンド。腕につけてそこに縄跳びを通し、取れないように先を結んで…
IMG_0978

↓それだけだと不安定だったので、端っこを手縫いで縫ってみました!
IMG_1299 IMG_1300

左手指全欠損のお子さんのケース

↓手首に縄跳びを結んでいます。タオルハンカチを巻いて、その上から縄跳びを結ぶと解けにくいです。
IMG_6527

IMG_6528

右前腕部欠損のお子さんのケース

指が欠損していても、手が無くても…
きっとその子に合ったやり方が見つかるはずです。

あなたの体験談も是非教えてください(*^^*)
↓↓↓
NPO法人Hand&Footでは、
先天性四肢障害,四肢欠損,欠指,裂手,裂足,絞扼輪症候群,短指,巨指症,多指症などの本人/家族全国500家族以上が参加する情報交換・コミュニティSNSを管理しています。

>>ご登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hand&Footの絵本

いつかふつうに出会えるように。

指が少ない子に出会ったとき、あなたはどうしますか。「ふつう」って何だろう?指がないのは「かわいそう」?この絵本をきっかけに、是非親子で話し合ってみてください。
出版日のお知らせ登録はこちら